OracleのSYSDBA権限とDBAロール OS認証とデータベース認証について

スポンサーリンク

SYSDBAでのデータベースへログインと接続について

SYSDBA権限とは

SYSDBA権限は、「SYS」ユーザーのみに割り当てられるシステム権限です。「SYS」ユーザはデータベースの起動や停止といった上位レベルの管理タスクを行えます。ちなみにOracleの中で一番強い権限になります。\(^o^)/
データベース管理権限のDBAロールが付与されているユーザを使用すればほとんどの操作は事足りるので普段はSYSDBA権限のユーザは使わないようにしたほうが無難ですね。ちなみにDBAロールがデフォルトで「SYSTEM」ユーザに付与されています。

SYSDBA権限でOracleに入ることは滅多にないと思いますが、ログイン方法を備忘のために残しておきます。

データベース認証の場合

SQLPLUS /NOLOG
CONNECT <username>/<password> AS SYSDBA;

OS認証の場合

SQLPLUS /NOLOG
CONNECT / AS SYSDBA;

SYSDBA権限をもつユーザを確認する

SELECT
    *
FROM
    V$PWFILE_USERS;

DBAロールを持つユーザを確認する

SELECT
    *
FROM
    DBA_ROLE_PRIVS  
WHERE
    GRANTED_ROLE ='DBA';

コメント

タイトルとURLをコピーしました