Oracle SGA(System Global Area)とは

スポンサーリンク

SGA(System Global Area)とは

SGAとは、Oracleデータベースのメモリ領域のことです。
Oracleデータベースのメモリ領域には、大きく分けてSGAとPGAがあります。

メモリ領域内容
SGAOracleデータベース全体で使用される領域。
PGAユーザ(セッション)毎に使用される領域。

SGAの重要なコンポーネントについて

SGAはいくつかのコンポーネントによって構成されています。
その中で特に重要なものを以下に記載します。

コンポーネント内容
データベース・バッファ・キャッシュデータファイルから読み取られたデータ・ブロック(表や索引等)のコピーを格納するメモリー領域
REDOログ・バッファデータベースに加えられた変更について、REDOログ・ファイルに書き出すまでREDO情報を格納する領域
共有プールプログラム・データのキャッシュを格納する領域
例)一度実行されたSQL文やPL/SQLの解析データや実行計画
ラージ・プールOracleバックアップ等の大きな特定プロセスが使用する領域

SELECT文を発行した時のOracleデータベースのメモリ領域の処理

SELECT文を発行した際にOracle内部でどういう風にメモリ領域が使用されるかを記載します。

  1. Oracleのデータ・ディクショナリからオブジェクト情報等を取得して「共有プール」にSQL文の解析情報や実行計画を格納します。
  2. 読み込んだデータを「データベース・バッファ・キャッシュ」に格納します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました