Oracle SQL*Plus WRAP システム変数 行幅の表示の切り捨て制御

スポンサーリンク

SQL*Plusのシステム変数「WRAP」

列出力と列出力の間に出力される列セパレータ文字を設定できます。デフォルトは「’ ‘」単一の空白です。

set WRAP { ON | OFF }

システム変数名デフォルト値短縮形
WRAPONWRA

「WRAP 」の実行例

WRAPは、現在の行の幅に対して、選択した行の表示が長すぎる場合に、切り捨てるかどうかを制御しを制御することができます。1行の長さを短くして切り捨てされるか確認してみましょう。実行するSQLは以下の通りです。

set LINESIZE 30
SELECT * FROM animal1;

「WRAP 」が「ON」の場合

SQL> set LINESIZE 30
SQL> show LINESIZE
linesize 30
SQL> show WRAP
wrap : 行がラップされます
SQL> select * from animal1;

ID
--------------------
NAME
------------------------------
ADDRESS
------------------------------
001
いるか
海

SQL>

結果が折り返されて表示されますね。

「WRAP 」が「OFF」の場合

set COLSEP '|'
SQL> set WRAP OFF
SQL> show WRAP
wrap : 行が切り捨てられます
SQL> select * from animal1;
行は切り捨てられます。


ID                   NAME
-------------------- ---------
001                  いるか

結果が途中で切り捨てられるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました