Oracle SQL*Plus COLSEP システム変数 列と列の間の区切り文字の設定

スポンサーリンク

SQL*Plusのシステム変数「COLSEP」

列出力と列出力の間に出力される列セパレータ文字を設定できます。デフォルトは「’ ‘」単一の空白です。

set COLSEP { | test}

システム変数名デフォルト値短縮形
COLSEP‘ ‘短縮形なし

「COLSEP 」の実行例

実行するSQLは以下の通りです。COLSEPは、列出力と列出力の間に出力される列セパレータ文字を制御します。

SELECT * FROM animal1;

「COLSEP 」が「ON」の場合

SQL> show COLSEP
colsep " "
SQL> SELECT * FROM animal1;

ID         NAME                 ADDRESS
---------- -------------------- --------------------
001        いるか               海

まあいつもどおり単一の空白文字で結果が区切られて表示されます。

「COLSEP 」が「OFF」の場合

「|」を区切り文字にしてみましょう。

set COLSEP '|'
SQL> set COLSEP '|'
SQL> show COLSEP
colsep "|"
SQL> SELECT * FROM animal1;

ID        |NAME                |ADDRESS
----------|--------------------|--------------------
001       |いるか              |海

結果の列を区切る文字が「|」に変更できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました