Excel VBA テキストファイルを出力する方法 Openステートメント

スポンサーリンク

VBAでテキストファイルを出力する方法

エクセルを使用してテキストファイルを出力してみます。

VBAでテキストファイルを出力する方法は2つこの記事で紹介するOpenステートメントとFileSystemObjectを使用した方法があります。

どっちを使えばいいか問題については、パフォーマンス的にも差はあまりないみたいですので本当に好みの書き方をすればよいと思います。

サンプルコード

Sub txtOutput()
    Dim outputFilePath As String
    outputFilePath = "C:\tmp\output.txt"
    
    Open outputFilePath For Output As #1 
    Print #1, "Hello World"
    Close #1
End Sub

解説

5行目でOpenを使用して3行目で定義した「outputFilePath」のファイルをオープンしています。

このファイルがない場合は新規で作成されます。ある場合は、上書きされます。

消したくないファイルの場合は、バックアップを取得しておいてください。

   Open outputFilePath For Output As #1 

6行目でPrintを使用して5行目で定義した「#1」に出力したい文字列を指定します。

   Print #1, "Hello World"

7行目でCloseを使用して5行目で定義した「#1」のファイルを閉じましょう。

    Close #1

参考資料

Docs

コメント

タイトルとURLをコピーしました