Linux ディレクトリとファイルの操作コマンド

スポンサーリンク

ディレクトリとファイル操作コマンド

ディレクトリとファイル操作の主要なコマンドを列挙します。

ディレクトリとファイルの参照 lsコマンド

現在のディレクトリにある、ディレクトリ名やファイル名を一覧として取得するコマンドが「ls」コマンドです。

・基本コマンド

ls [オプション] [ファイル]

・よく使うオプション

短いオプション長いオプション内容
-a--all.で始まる要素を無視しない。
ようは隠しファイル等も全部表示させます。
-l詳細リスト形式を表示する。

現在の作業ディレクトの名前を出力 pwdコマンド

現在の作業ディレクトリを確認することができるコマンドが「pwd」コマンドです。

・基本コマンド

pwd [オプション]

オプションあるんだけどあんまり使ったことないので省略(´・ω・`)

ディレクトリを変更 cdコマンド

cdコマンドでカレントディレクトリを変更することができます。ディレクトリ名を指定しない場合は、ホームディレクトリに移動します。

・基本コマンド

cd [ディレクトリ名]

ディレクトリの作成 mkdirコマンド

mkdirコマンドでディレクトリを作成することができます。

・基本コマンド

mkdir [オプション] [ディレクトリ名]

・よく使うオプション

短いオプション長いオプション内容
-p--parentsディレクトリが存在していてもエラーを返さずに必要に応じて親ディレクトリを作成する。

ディレクトリの削除 rmdirコマンド

rmdirコマンドでディレクトリを削除することができます。rmdirはディレクトリが空の場合にしか削除することができません。また、オプションなしの場合、最下層のディレクトリのみを削除します。

・基本コマンド

rmdir [オプション] [ディレクトリ名]

・よく使うオプション

短いオプション長いオプション内容
-p--parents指定階層までディレクトリを削除します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました