Exel VBA 図形の色を組み込み定数とRGBで変更する方法

スポンサーリンク

図形の色を変更する方法

図形の色を変更するには、FillFormat オブジェクトを設定に使用します。「FillFormat」を取得するためには、「Shape」オブジェクトの「Fill」プロパティを使用します。

図形の色を変更するサンプルコード

RGB指定で色を変更

Sub setColor()
    ActiveSheet.Shapes.AddShape(msoShapeRectangle, 10, 30, 100, 100) _
        .Fill _
        .ForeColor.RGB = RGB(255, 255, 255)
End Sub

組込定数で色を変更

Sub setColor()
    ActiveSheet.Shapes.AddShape(msoShapeRectangle, 10, 30, 100, 100) _
        .Fill _
        .ForeColor.RGB = vbRed
End Sub

色の各指定表

カラー組込定数RGB指定
vbBlackRGB(0,0,0)
vbWhiteRGB(255,255,255)
vbRedRGB(255,0,0)
vbGreenRGB(0,255,0)
vbBlueRGB(0,0,255)
vbYellowRGB(255,255,0)
vbMagentaRGB(255,0,255)
vbCyanRGB(0,255,255)

コメント

タイトルとURLをコピーしました