Oracle PL/SQL 繰り返し文 FOR文 WHILE文

スポンサーリンク

PL/SQLで繰り返しを記述する場合

通常のSQLでは記述できない繰り返し文をPL/SQLでは記述することができます。
PL/SQLで使用できる繰り返し文は、FOR文とWHILE文と基本的なLOOP文ってのがありますが、ここではよく使うFOR文とWHILE文のみを紹介します。

FOR文の基本構文

FOR <ループカウンタ> IN <初期値> .. <終了値> LOOP
    <処理>
END LOOP;

FOR文の実行例

DECLARE
BEGIN
    FOR i IN 1 .. 5 LOOP
        DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('いるかが' || i || '頭' );
    END LOOP;
END;
/
SQL> SET SERVEROUTPUT ON
SQL> DECLARE
  2  BEGIN
  3      FOR i IN 1 .. 5 LOOP
  4          DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('いるかが' || i || '頭' );
  5      END LOOP;
  6  END;
  7  /
いるかが1頭
いるかが2頭
いるかが3頭
いるかが4頭
いるかが5頭

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

WHILE文の基本構文

WHILE <条件式> LOOP
    <処理>
END LOOP;

WHILE文の実行例

DECLARE
    i NUMBER := 1;
BEGIN
    WHILE i < 6 LOOP
        DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('いるかが' || i || '頭' );
        i := i + 1;
    END LOOP;
END;
/
SQL> SET SERVEROUTPUT ON
SQL> DECLARE
  2      i NUMBER := 1;
  3  BEGIN
  4      WHILE i < 6 LOOP
  5          DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('いるかが' || i || '頭' );
  6          i := i + 1;
  7      END LOOP;
  8  END;
  9  /
いるかが1頭
いるかが2頭
いるかが3頭
いるかが4頭
いるかが5頭

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました