Oracle データベースのシャットダウンと起動の方法

スポンサーリンク

Oracleデータベースのインスタンスの停止 「SHUTDOWN」コマンド

データベースの停止を行うには、SYSDBA権限を持つユーザでログインして「SHUTDOWN」コマンドを発行しましょう。

「SHUTDOWN」コマンドの基本構文

SHUTDOWN [ABORT | IMMEDIATE | NORMAL | TRANSACTIONAL [LOCAL]]
>sqlplus / as sysdba

SQL> shutdown immediate;
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。

Oracleデータベースのインスタンスの起動 「STARTUP」コマンド

データベースの起動を行うには、SYSDBA権限を持つユーザでログインして「STARTUP」コマンドを発行しましょう。

「STARTUP」コマンドの基本構文

STARTUP
>sqlplus / as sysdba

SQL> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 1068937216 bytes
Fixed Size                  2260048 bytes
Variable Size             763364272 bytes
Database Buffers          297795584 bytes
Redo Buffers                5517312 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました