Oracle 文字列の置換 「REPLACE」関数

スポンサーリンク

文字列の置換 「REPLACE」関数の使い方

「REPLACE」関数を使うことによって、文字列の置換を行う事ができます。

「REPLACE」関数の構文

以下が、「REPLACE」の基本的な構文です。

-- REPLACE( 文字列, 置換したい検索文字列, 置換後文字列 )
REPLACE( String, serch_string, replacement_string )
引数説明
replacement_string指定しない場合:すべてのserch_stringを削除して返却。
NULLの場合:すべてのserch_stringを削除して返却。

「replacement_string」 を指定し、かつNULLではない場合

ちゃんと置換されていますね\(^o^)/ぺんぎん最強!!!

SQL> SELECT REPLACE( 'いるかは最強', 'いるか', 'ぺんぎん') as 文字列置換 FROM dual;

文字列置換
------------------------------------------
ぺんぎんは最強

「replacement_string」を指定しない場合

「replacement_string」を指定していないので「serch_string」で指定した文字列が削除されて返却されています。

SQL> SELECT REPLACE( 'いるかは最強', 'いるか' ) as 文字列置換 FROM dual;

文字列置換
------------------
は最強

「replacement_string」をNULLで指定した場合

「replacement_string」をNULLで指定したので「serch_string」で指定した文字列が削除されて返却されています。

SSQL> SELECT REPLACE( 'いるかは最強', 'いるか', NULL ) as 文字列置換 FROM dual;

文字列置換
------------------
は最強

コメント

タイトルとURLをコピーしました