Oracle UNION 集合演算子 SELECT文の和集合を取得する方法

スポンサーリンク

集合演算子 「UNION」

「UNION」句を使用することにより、SELECTの結果を統合することができます。

ちなみに集合演算子を使った場合、基本的に重複行は抽出されません。

「UNION」の構文

以下が、「UNION」の基本的な構文です。

SELECT 列1, 列2,・・・ FROM <テーブル名1>
UNION
SELECT 列1, 列2,・・・ FROM <テーブル名2>;

検証用のデータの用意

以下の2つのテーブルとデータを使って「UNION」の動きを見ていきます。

ANIMAL1テーブル
idnameaddress
001いるか
002うさぎ
003ぺんぎん
004いるか
ANIMAL2テーブル
idnameaddress
001いるか
002うさぎ
005ふくろう

「ANIMAL1テーブル」と「ANIMAL2テーブル」を「UNION」した際のイメージ

「ANIMAL1テーブル」と「ANIMAL2テーブル」の2つのテーブルのすべてのレコードを取得して「UNION」すると以下のような結果が得られます。
注目してほしい点は、ID「001」の「いるか」とID「002」の「うさぎ」のレコードは重複していましたが、「UNION」すると重複行が排除されています。

ANIMAL1テーブル+ANIMAL2テーブル
idnameaddress
001いるか
002うさぎ
003ぺんぎん
004いるか
005ふくろう

検証用データのSQL

--animal1テーブルとデータの作成
CREATE TABLE animal1
(
    id       VARCHAR2(10)
    ,name    VARCHAR2(20)
    ,address VARCHAR2(20)
);
INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('001', 'いるか', '海');
INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('002', 'うさぎ', '陸');
INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('003', 'ぺんぎん', '空');
INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('004', 'いるか', '海');

----animal2テーブルとデータの作成
CREATE TABLE animal2
(
    id       VARCHAR2(10)
    ,name    VARCHAR2(20)
    ,address VARCHAR2(20)
);

INSERT INTO animal2 ( id, name, address ) VALUES ('001', 'いるか', '海');
INSERT INTO animal2 ( id, name, address ) VALUES ('002', 'うさぎ', '陸');
INSERT INTO animal2 ( id, name, address ) VALUES ('005', 'ふくろう', '空');

検証用データの実行結果

SQL> CREATE TABLE animal1
  2  (
  3      id       VARCHAR2(10)
  4      ,name    VARCHAR2(20)
  5      ,address VARCHAR2(20)
  6  );

表が作成されました。

SQL> INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('001', 'いるか', '海');
1行が作成されました。
SQL> INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('002', 'うさぎ', '陸');
1行が作成されました。
SQL> INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('003', 'ぺんぎん', '空');
1行が作成されました。
SQL> INSERT INTO animal1 ( id, name, address ) VALUES ('004', 'いるか', '海');
1行が作成されました。

SQL> CREATE TABLE animal2
  2  (
  3      id       VARCHAR2(10)
  4      ,name    VARCHAR2(20)
  5      ,address VARCHAR2(20)
  6  );

表が作成されました。

SQL> INSERT INTO animal2 ( id, name, address ) VALUES ('001', 'いるか', '海');
1行が作成されました。
SQL> INSERT INTO animal2 ( id, name, address ) VALUES ('002', 'うさぎ', '陸');
1行が作成されました。
SQL> INSERT INTO animal2 ( id, name, address ) VALUES ('005', 'ふくろう', '空');
1行が作成されました。

「UNION」の実行例

イメージを掴むためにベン図を書いてみました。

「UNION」のSQL

以下のSQLを実行してみましょう。

SELECT id, name ,address FROM animal1
UNION
SELECT id, name ,address FROM animal2;

「UNION」の実行結果

SQL> SELECT id, name ,address FROM animal1
  2  UNION
  3  SELECT id, name ,address FROM animal2;

ID         NAME                 ADDRESS
---------- -------------------- --------------------
001        いるか               海
002        うさぎ               陸
003        ぺんぎん             空
004        いるか               海
005        ふくろう             空

想定どおりのレコードが取得できていますね\(^o^)/

「UNION ALL」で重複行を取得する。

冒頭でも記述したように「UNION」は重複行を取得しません。そもそも集合演算子は、重複行を取得しません。

重複行を取得したい場合には、「ALL」オプションを使います。

「UNION ALL」の構文

以下が、「UNION ALL」の基本的な構文です。

SELECT 列1, 列2,・・・ FROM <テーブル名1>
UNION ALL
SELECT 列1, 列2,・・・ FROM <テーブル名2>;

「UNION ALL」のSQL

以下のSQLを実行してみましょう。

SELECT id ,name ,address FROM animal1
UNION ALL
SELECT id ,name ,address FROM animal2;

「UNION ALL」の実行結果

SQL> SELECT id ,name ,address FROM animal1
  2  UNION ALL
  3  SELECT id ,name ,address FROM animal2;

ID         NAME                 ADDRESS
---------- -------------------- --------------------
001        いるか               海
002        うさぎ               陸
003        ぺんぎん             空
004        いるか               海
001        いるか               海
002        うさぎ               陸
005        ふくろう             空

7行が選択されました。

想定どおりの結果ですね。重複行のID「001」の「いるか」とID「002」の「うさぎ」を取得しています。

「UNION ALL」の性能について

取得するレコードに重複がないと要件等から判明している場合は、「UNION ALL」を使用しましょう。性能面では「UNION」と比べて断然良いです。

理由は、「UNION」は重複行を削除するために一旦並べ替え(ソート)をしてしまうからです。並べ替えの発生しない「UNION ALL」が性能で軍配が上がるのは当然ですね\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました