Oracle SQL*Plus HEADING システム変数 列ヘッダーの出力制御

スポンサーリンク

SQL*Plusのシステム変数「HEADING」

レポートの列ヘッダーの出力を制御することができます。OFFを指定すると、列ヘッダーが出力されなくなります。
このコマンドは、列ヘッダーの出力にのみ影響します。表示される列幅に影響しません。

set HEADING {ON | OFF}
--短縮形
set HEAD {ON | OFF}
システム変数名デフォルト値短縮形
HEADINGONHEAD

「HEADING 」の実行例

実行するSQLは以下の通りです。HEADINGは、列ヘッダーの出力を制御します。

SELECT * FROM animal1;

「HEADING 」が「ON」の場合

SQL> show HEADING
heading ON
SQL> SELECT * FROM animal1;

ID         NAME                 ADDRESS
---------- -------------------- --------------------
001        いるか               海

まあいつもどおり結果が表示されます。

「HEADING 」が「OFF」の場合

SQL> set HEADING OFF
SQL> show HEADING
heading OFF
SQL> SELECT * FROM animal1;

001        いるか               海

結果にヘッダーが表示されなくなりましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました