Oracle データベースの構成要素について

スポンサーリンク

Oracleの構成 ~データ内容~

Oracleデータベースのデータ格納先のファイル構成は、データファイルとREDOログファイルと制御ファイルの3種類に分けられています

ファイル種類データ内容
データファイルテーブル
インデックス
UNDOデータ
一時データ
システム管理データ
REDOログファイルデータファイルに対する更新履歴が記録されています
制御ファイルデータファイルやREDOログファイルの格納場所とか制御情報が保存されてます

データベースの構成 ~物理ファイル~

データ格納先の物理ファイル例を以下に記載します

Oracle Database Express Edition 11g を参考にしてます

インストールするバージョンによって変わることがあると思います。。。

ファイル種類物理ファイル名備考
データファイルSYSTEM.DBF
SYSAUX.DBF
UNDOTBS1.DBF
TEMP.DBF
USER01.DBF
SYSAUX表領域は、データベースの作成時に、SYSTEM表領域の補助表領域としてインストールされます

※SYSAUXは、Oracle Database 10g から追加されたみたいです
REDOログファイルREDO01.LOG
REDO02.LOG
データベースに必ず2つ以上のREDOログファイルが割当てられます
制御ファイルCONTROL.DBF

コメント

タイトルとURLをコピーしました