Oracle PL/SQLの手動コンパイル方法

スポンサーリンク

PL/SQLの手動コンパイル方法

PL/SQLを手動コンパイルを行うことで、自動コンパイルによる実行時エラーを防ぐことができます。

本番環境で実行時エラーとか考えるだけでゾッとしますね\(^o^)/
手動コンパイルを覚えてコンパイルエラーが起こらないか確認してみましょう。

ちなみに手動コンパイルは以下の単位で実行することができます。

  • オブジェクト単位
  • スキーマ単位
  • データベース単位

オブジェクト単位の手動コンパイル

ALTER <オブジェクトの種類> <オブジェクト名> COMPILE;

スキーマ単位の手動コンパイル

以下のコマンドを実行することでスキーマ全体をコンパイルします。

EXECUTE UTL_RECOMP.RECOMP_SERIAL('スキーマ名');

データベース単位の手動コンパイル

@%ORACLE_HOME%\RDBMS\ADMIN\utlrp.sql

コメント

タイトルとURLをコピーしました