Oracle

Oracle テーブルの列定義の確認 DESCコマンド

Oracleのテーブルの列定義を確認するコマンド テーブルの列定義を確認するためには、「DESCRIBE」または短縮形の「DESC」コマンドを使用して確認することができます。 以下、Oracleのサンプル表のEMP表の列定義を「...
Oracle

Oracle 取得件数を制限してSQLを投げたい時 ROWNUM

SELECT文の取得件数を制限してSQLを投げたい時のSQL (例)あるテーブルから100件分SELECTするSQLWHERE句に条件としてROWNUMを与えることによって取得件数を制限できます。
Oracle

Oracle エクステントの状態を確認したいときのSQL

エクステントの状態を確認したくなった場合のSQL 「USER_EXTENTS」は、現行のユーザーのオブジェクトが所有するセグメントを含むエクステントを表示することができます。 「SEGMENT_NAME」をwhere句で絞ることによ...
スポンサーリンク
Oracle

Oracle テーブルが属する表領域を確認するSQL

対象テーブルがどの表領域に属しているかを確認するSQL 「USER_TABLES」は、現行のユーザーが所有するリレーショナル表で「TABLESPACE_NAME」が表領域の名前になってます。 「TABLE_NAME」でwhe...
Oracle

Oracle PL/SQL 無名ブロックとは?ストアドプロシージャとは?

PL/SQLとは PL/SQLはSQLを手続き型言語として拡張させてる、オラクル社が提供している言語です。 PL/SQLプログラムの種類 PL/SQLは、ストアド・サブプログラムと無名のPL/SQLプログラム(以下、「無名ブロック」と...
Oracle

Oracle 同じ定義の表を複製するSQL

同じテーブルレイアウトのテーブルをもう一個作りたいなぁという時に使うSQL 「where 1 = 2」の意味ですがデータの中身をコピーしないテクニックみたいです!こんな書き方があるなんて便利。以下のサイトを参考にさせていただきまし...
Oracle

Oracle PL/SQLの結果をデバック画面に表示させる方法「SERVEROUTPUT ON」 

PL/SQLのデバックを画面に表示する方法 PL/SQLをデバックするときにSQL*Plusに表示させることがあります。SQL*PlusのSETシステム変数を変更しないと文字列が表示されないので、以下のコマンドで表示制御します。
Oracle

Oracleの実行計画 ~EXPLAIN PLAN文の使い方~

EXPLAIN PLAN文とは SQLチューニングする際に使用するコマンドです。SQLのどこに処理コストがかかってるかがわかるので検討するあたりをつけることができます。 使い方 確認したいSQL文の前に「explain plan fo...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました